羽曳野整体~カイロ,マッサージ~腰痛,肩こり,膝痛,頭痛,ヘルニア,坐骨神経痛,しびれ,骨盤矯正,生理痛,ぎっくり腰,四十肩など

仙骨の重要性

仙骨の重要性


ご存知ですか?「いのちの骨・仙骨」のこと


仙骨

ゆくり自然療法院では仙骨を最重要視しており、ここを整えると各体の器官が整っていきます。

人の体は不思議な物で1つを整えると連動して色々なところが良くなっていくという仕組みになっています。

仙骨のパワーを実感してもらえるのではないでしょうか!

私たちの身体を支える支柱は、200個以上の骨からなる「骨格」です。
建物に土台があるように、骨格にも土台があります。
骨格の土台とは、骨盤の中心にある仙骨(せんこつ)という骨です。

仙骨は、骨盤の中央にあり、脊柱(背骨)を下から支える土台となっている手の平大、逆三角形の骨です。
「仙人の骨」と書くように、古くから「不思議な力をもつ骨」と認識されてきました。
英語でも「セイクラム(sacrum)」と呼ばれており、これは「sacred bone」、
すなわち 「聖なる骨」の意味です。

名前通りにその重要性は大きく、人工骨で代用できない代表的な骨としても知られています。
「仙骨を正さずして健康なし」といわれるほど、私たちにとって中心的な骨なのです。

直立した人間のからだは、仙骨の上に24個の背骨(脊椎)が積み木のように重なって「脊柱」を形成し、その上に平均5キロほどもある重い頭部を載せているタワーのような構造になっていて、
人体の全体重を支える重心も仙骨にかかっています。

つまり、仙骨は建物の土台、木でいえば根にあたり、背骨は建物の柱や木の幹にあたります。
しかも、仙骨は骨格の土台であるのみならず、実は中枢神経(脳・脊髄)を支え、末梢神経(自律神経)のはたらき・バランスを支える骨でもあるのです。
仙骨が支えている背骨(脊柱)は「バックボーン」といわれるように、
からだの大黒柱であり屋台骨です。
そしてこの脊柱は、脊髄という神経の束を内包している、からだの中枢ターミナル(からだ全体に脳からの指令を送っている)ですから、「背骨のゆがみ」は単に「見た目が悪い」では済まない問題であることを認識していただきたいと思います。

土台(仙骨)が崩れているかぎり、柱(背骨)がまっすぐになることはありません。
加えて仙骨は、頭蓋骨の一部である後頭骨と連動していて、呼吸に合わせて1分間に16~17回の屈曲と伸展を繰り返して脳脊髄液(C.S.F.)をポンプ作用で循環させています。

脳脊髄液(C.S.F.)とは、脳・脊髄を守り、神経細胞に栄養作用をもたらすといわれる重要な体液です。仙骨と後頭骨のポンプ作用は「第一次呼吸システム」と呼ばれ、生命維持に欠かすことのできない重要な生体活動です。

なぜ、仙骨が「いのちの骨」、「いのちを支える骨」なのか、おわかりいただけたでしょうか?

特に大切なことは・・・

骨盤は、子宮、卵巣、膀胱、直腸といった骨盤内臓器を内包していますが、特に子宮・卵巣は仙骨のすぐ手前にあり、子宮と仙骨は靭帯(仙骨子宮靭帯)でつながっています。
仙骨は子宮・卵巣を守ってくれている骨であることから「女性の守り神」ともいわれていることも知っておかれるほうがよいでしょう。

あなたの仙骨に、なにがおこっているのでしょう?



さて、このように大切な仙骨ですが、実は仙骨には「仙腸関節」という関節があります。
ふつうの関節と比べ、ほとんど動かない関節といわれているのですが、仙骨とその左右にある腸骨という骨が靭帯や筋肉で接合されてできています。

画像の説明

なんらかの原因でこの仙腸関節にズレ(分離)が生じて、仙骨が正しく位置していないケースがとても多いのです。

それにより骨盤がゆがみ、さらに仙骨の上に24個積み木のように重なる背骨や、頭蓋骨までもゆがませてしまいます。
人体の重心がかかっている骨ですから、重心の位置もズレてアンバランスになります。
骨格の土台である仙骨が正しく位置していないことで、全身のバランスが崩れてしまうのです。

椎間板ヘルニア、脊椎側湾症、すべり症、脊柱管狭窄症、脊椎分離症なども、土台から背骨が崩れていれば、当然に起こりうる事態といえます。

さらに、背骨のゆがみは内包される脊髄のゆがみ(捻れ)でもあります。
脊髄が捻れて脳脊髄液(C.S.F.)の循環が滞ることで、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
自律神経のバランスが崩れることでからだ(細胞)の力が低下し、自己治癒力が衰えていきます。
また心のバランスにも影響を与えます。

さらには仙骨と靭帯でつながっている子宮、そして卵巣にも当然ストレスを生じさせますから、エストロゲンなど女性ホルモンのバランスにも影響し、生理不順、不正出血、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、不妊症といった婦人科疾患にもつながります。
こうした婦人科疾患のある方は、まず100%仙骨にトラブルがあるとみていいと思われます。

全身バランスの源である仙骨からからだを立て直すことが、骨盤や背骨を根本から正すことになり、全身のバランスを取り戻させるために、たいへん重要かつ有効なのです。
一般的な骨盤矯正や脊椎矯正はあっても、仙骨をまともに扱う療法を実施しているところは、少ないのが現状です。

仙骨(仙腸関節)の調整はなぜ必要か?



まず脊柱(背骨)と骨盤(仙骨、腸骨)では求められる機能は異なります。
脊柱の関節は主に動くことを求められ、骨盤は主に支えられることを求められます。
これはちょうど高層建築物の耐震構造と似ています。
建物は揺れてバランスを取りますが、土台はしっかりしていない倒れてしまいます。
ですから、脊柱の土台である仙骨はしっかりしていないと駄目なわけです。

土台がしっかりせずに治っている状態とはどういう事かというと、
例えば、ひどい腰痛の方も安静にしていると、時が経つにつれて症状は軽減していきます。
それは関節の炎症が治まることに加え、重力負荷が少なくなり、仙骨靭帯の損傷が治癒し仙腸関節が安定し始め、仙骨のずれが減少するためです。
また本人が無意識的に、無理の無い楽な姿勢を取り、脊柱の関節や、仙腸関節の固着が部分的にでも改善されるためです。

しかし、ある一定レベルを超えたズレに対しては、その自己調整能力では、その場その場のいろいろな影響に左右されるため、不十分な復元に為らざるを得ません。
人体はその状態でバランスを取ろうとするため(例 骨折は放っておくと折れたまま固まります)完全な状態を目指して治る力は少ないと思われます。

歪んだ状態でもある程度は、症状は軽減しますが、このような状態では以前よりはるかに少ない負荷を受けただけで、バランスが崩れ年々その歪みがひどくなってしまいます。
このような状態を、自然治癒だけに任せておくと、ある程度は治っても、それ以上の回復は望めません。

人体の自然治癒力は仙骨のズレを矯正するのではなく、体の水平性を維持するために脊柱全体が順応するしかないのです。

特に仙腸関節がずれやすい方は、日常生活において重力に対抗して活動している限りこの仙腸関節の過可動性を完治することは難しいです。
定期的に仙骨・仙腸関節を調整することによって、重力負荷を効率良く受け止めて無駄な体力の消耗と脊柱の捻じれ等を予防する必要があります。

仙骨(仙腸関節)を正す事により、なぜ、内臓疾患も改善されるのか?

それは仙骨(仙腸関節)を正す事によって、体全体のバランスが整うからです。

体全体のバランスが整うことにより、内臓が本来の正しい位置に落ち着きます。
(容器の形が綺麗であれば、中身も綺麗に収まるのと一緒です)

ほとんどの方が、仙骨(仙腸関節)が前方(おへそ側)に傾いています。
仙骨(仙腸関節)が強く前に傾くと、臓器が下に下がってしまいます。
これを元に戻す事により、臓器が本来の正しい位置に戻ります。
適正な位置に戻れば、当然働きも良くなります

特に女性で生理痛がきついという方(細い方に多く、下腹がぽこっと出ている)は、この事が原因であるのがほとんどです。
また仙骨(仙腸関節)は生殖器と特に密接な関係がありますから、
不妊や更年期障害、男性のEDにも著効があります。

さらに大切なことは、臓器が本来の正しい位置に戻ることで免疫力が増すことです
極端なことを言えば、免疫力が高ければ、HIVや肝炎のキャリアだったとしても発病しないから特に問題は無いわけです。

では免疫力とはなんでしょう?



それは血液中の白血球中のリンパ球、顆粒球、マクロファージなどのバランスが良い事です。
これらのバランスは自律神経が司っています。
自律神経の働きは交感神経と副交感神経の2つがバランスよく働く事が大切です。

この2つの神経のバランスが崩れてしまうのが、いわゆる自律神経失調症です。
(不眠や鬱、冷えや便秘もそうです)

交感神経が過度に緊張してしまうと、アドレナリンが多く放出され、リンパ球が減り顆粒球が増えます。するとガンなどの組織の異常や破壊が起きやすくなります。
反対に副交感神経が働きすぎると、リンパ球が増え顆粒球が減り、アレルギー等が起きやすくなります。
大抵は交感神経の方が過剰に働き、副交感神経の働きが弱くなっています。

副交感神経は仙骨(仙腸関節)にある仙骨孔という穴から出発していますので、仙骨(仙腸関節)を調整する事により、鈍っていた副交感神経の働きを良くして、交感神経とのバランスを整えることができます。
結果、免疫力も回復していき、内臓疾患も改善されていくのです。

仙骨と脳脊髄液の関係



頭蓋骨~脊椎~仙骨の中には、一番上の頭蓋骨の中には当然脳があり、他に脳から脊髄(中枢神経)が下(仙骨)まで通っています。

さらにこの脳や脊髄は、骨の中にある1つ(三層構造)の薄い膜と中を満たしている脳脊髄液という体液に浸されて、頭蓋骨から仙骨まで繋がっています。

この脳脊髄液はある一定のリズムで、ずっと膜の中を循環しています。この循環は仙骨から始まり、脊椎の中を通って頭蓋骨に至り、頭蓋骨はわずかに開いたり閉じたりしています。
ちょうどポンプのように繋がっていると考えると分かりやすいかもしれません。

この循環のリズムが、肉体的ストレスや精神的ストレスなどで崩れてしまうと、脳や脊髄全体のバランスもおかしくなり、体調不良の原因にもなってしまいます。
当然、仙骨がずれていると、この脳脊髄液の循環リズムも悪くなっていきます。
このように仙骨は体の要、まさに「体の要の腰」のさらに要・中心なんです。

欝や自律神経失調症などは、交感神経と副交感神経のバランスが狂っているために起きると考えられます。
(自律神経失調症は交感神経が亢進しすぎの状態で、副交感神経の働きが鈍っているのがほとんどです)
肉体と精神は切っても切れない関係ですからここでは仙骨(仙腸関節)という見える部分から、心という見えない部分にアプローチしていきます。

仙骨とカラダの関係いうと、精神を司る部分は仙骨の一番下の「尾骨」が大きく関係していると言われます。
これは犬など動物は、嬉しいと尻尾をはちきれんばかりに振り、
怯えると尻尾を丸めて隠してしまうのを見るとわかるのではないかと思います。

人間にとっての尻尾は仙骨と尾骨ですから、尾骨が縮こまっているということはなにかしら心にしこりがあるということです。
ある整体では尾骨を強く打つと、将来、突然死などの原因になるとも言っています。
そのくらい敏感な場所なわけです。

そういう場合は仙骨の調整と尾骨の調整も行います
不思議なもので心と体は繋がっていますので、体がリラックスすると心の緊張もほぐれます、特に尾骨の緊張状態がほぐれると、精神は非常に安定します。
特に鬱状態の重い方や、気持ちの振幅が大きい方にお薦めです。
古傷などの頑固な症状も通常の仙骨調整でなかなか取れない場合は、尾骨調整も併せるとより改善効果が期待できます。

画像の説明090-5888-8411

気になることなどございましたらお気軽にお電話・メールでお問い合わせ下さい。

画像の説明
Yahoo!ブックマークに登録

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional